雛人形や五月人形を初節句のお祝いに贈るなら、岩槻人形優良店

羽子板

岩槻人形優良店会特選 羽子板一覧へ

  • 江戸押し絵羽子板むさしや豊山作の羽子板です。

伝統的な道成寺の羽子板です。板のみで飾るタイプなので飾る場所に困りません。

    13号 道成寺羽子板
    19,800 円(税込)
    幅19×奥行き15×高さ42(cm)

    詳しく見る
  • お花の生地は国産の羽二重シルクを使用しています。薄く繊細なシルク布で製作しているため、加工が難しく、高い技術を要します。鮮やかで上品な色合いはとても華やかで美しい羽子板になっています。ガーベラの花言葉は一般的に神秘や希望を意味します。また、久寿玉は、長寿や無病息災の願いが込められています。

    「13号久寿玉/ガーベラ」
    62,700 円(税込)
    幅15×奥行き12×高さ40(cm)

    詳しく見る
  • 赤い絞りと金彩花柄を着物の半身ずつにあしらっています。花梨色の木製枠のアクリルパノラマケースなので、3方向から羽子板を遮らず美しく魅せます。背面とケース下部の幕板には桜模様の刺繍を施しました。家庭円満の象徴である大きな御殿鞠が彩りを添えています。

    8号 花梨
    29,500 円(税込)
    幅24×奥行き18.5×高さ40(cm)

    詳しく見る
  • 羽子板は江戸時代から各家庭で飾られるようになった正月人形です。赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお正月、健やかなご成長を願ってお祝いします。また、初春の床飾りの贈り物や、大切な方への贈り物としても大変お喜びいただいています。「災いを跳ね(羽根)飛ばす」そんな意味が込められています。

    10号 香織(かおり) 
    51,480 円(税込)
    幅26×奥行き22×高さ44(cm)

    詳しく見る
  • こちらの羽子板付き「彩春(ピンク)10号 正絹しぼり羽子板付」(かぶせケース入り)は、正絹しぼり仕立てと花柄のお袖が艶やかに華やいだ、代表的なスタイルの柄の一つである「道成寺」です。

能の演目の一幕を模した舞い姿の優美な印象で、「将来幸せになれますように・・・」という意味合いがあるものです。

また、まり飾りは女の子の初正月を祝う羽子板に添えられる事の多いお飾りですが、ただ華やかさを増すためだけでなく、「丸く健やかに美しく育つように」との願いが込められています。

お子様の幸せを願うご両親の想いが込められた、女の子のお守りとして受け継がれてきた日本の伝統的縁起物です。

    宝童作 彩春ピンク 10号
    26,460 円(税込)
    幅25×奥行き23×高さ45(cm)

    詳しく見る
  • 高級感溢れる花梨塗りのケースは、羽子板飾りをより一層華やかに演出します。明るすぎない落ち着きのあるカラーで、飽きの来ない配色です。マグネットで固定さえた前面の枠が丸ごと取り外せるので、羽子板の出し入れにストレスを感じさせません。

    7号 円桜
    35,860 円(税込)
    幅28×奥行き15×高さ29(cm)

    詳しく見る
  • 【羽子板ケース】

10号 黒塗 扉付ガラスケース

【羽子板仕様・備考】

匠一光作

国産桐使用

伝統の技が生きる羽子板飾りの逸品。伝統の粋を踏襲した飽きのこない高級感あふれる仕上がりが魅力です。ひとつひとつ手作り品に付き、羽子板の衣裳の柄の出方が若干異なる場合がございます。また、同じ材料を使用しておりますが、サイズに合ったバランスで製作いたしますので、仕様が画像とは若干変わる場合がありますので、あらかじめご了承下さい。本格派の伝統的なコンパクトサイズの羽子板飾り。大変縁起の良い伝統的なフォルムが魅力です。ガラスケースですので、お手入れ簡単。扉付ですので、内側からも磨くことができます。大変豪華な羽子板飾りです。ガラスケースに付、お取扱いには十分ご注意ください。

    10号黒塗 匠一光作
    27,999 円(税込)
    幅24×奥行き20×高さ32(cm)

    詳しく見る

特選羽子板をもっと見る

羽子板の歴史

羽子板には、女の子の無病息災を願う気持ちが込められています。

ご覧いただいている皆様の中でも、お正月に羽子板をした経験のある方の方が少ないかもしれません。
日本では、鎌倉時代から、宮中では羽根つき遊びが行われるようになりました。
そして、室町時代になると、羽根つき用の羽子板と飾り用の羽子板に分かれて使われるようになります。

羽子板には装飾がなされるようになり、左義長(宮中の正月の儀式で悪を追い払う行事)の図を描が描かれるようになっていきます。このあたりから、お守りとしての性格が現れてきます。
江戸時代の後期になりますと、布細工を使った押し絵という技法が生まれ、羽子板にも歌舞伎役者が描かれるなど優美さを増していきました。
布や綿による立体感のある羽子板の誕生です。ちなみに押し絵は手芸のたしなみとして、明治時代の女性の筆頭だったようです。

羽根つきの羽は、室町時代はツクバネの実が使われていました。
現在はホロホロ鳥などの羽がムクロジの実にさしたものが使われます。ツクバネに比べると耐久性もあり、羽子板でつくと高い音がしますので遊びにも使うのには適しています。
またムクロジの果皮はサポニンを含みますので、平安時代の頃から洗髪などに用いられていました。
さらに、除虫や抗菌の作用も持っています。そのため武家や社寺ではムクロジの木が好まれて植えられたようです。
漢字で書くと「無患子」。患うことの無い子に育ってほしいという願いがこめられています。
機会がありましたら羽根を手にとってじっくり見てください。歴史の流れも感じられるような質感ですよ。

時代は変わって、羽根つきはお正月の風物詩ではなくなってきましたが、子の健やかな成長を見守る気持ちに変わりはありません。女の子が生まれましたら、お正月には羽子板を飾って無病息災を願い、新年を楽しくお迎えください。