雛人形や五月人形を初節句のお祝いに贈るなら、岩槻人形優良店

TEL 048-757-1100

岩槻大好き!

<第1話-後編>まちかど雛めぐり

この内容は史実をもとにしたフィクションであり、実在の人物とはほとんど関係ありません。またご紹介する施設やイベントは必ずしも犬が入れる場所ではありません。その点も踏まえてお気軽にご一読ください♪

大正館でまちかど雛めぐりのポスターをみた二人

槻丸とマリーの出会いはこちら→

 

槻丸  「”ひなめぐり”とは何ですか?何か美味しいものでござるかな?」

マリー 「物知りな槻丸でも知らないことあるんだね~。15年前に始まったイベントなんだよ」

槻丸 「イベントとは?」

マリー 「イベントとはお祭りみたいなものだよ」(はあ~ややこしい・・・)

槻丸  「お祭りとな!?いいですなあ。綿あめなどもあるのだろうか。一度食べてみたいと思っていたのだが。まるで空に浮かぶ雲のような真っ白い・・(妄想中)」

マリー 「こらこらヨダレをふきなさい。残念ながら屋台は出ないよ。雛めぐりの期間中は岩槻の人形店を中心にいろいろな店の店頭にひな人形が飾られているんだよ。これ、去年の写真だけど」

おもむろにスマホを見せるマリー。

 

槻丸  「おお!大変な数のお雛様ですな。どの人形も良いお顔をしておられる」

マリー 「これは長谷川見世蔵に飾られていたものだよ。岩槻駅周辺ではおひな様のパレードや太鼓の演奏もあるし、この時期がくるとワクワクするんだよね」

槻丸  「面白そうでござるな。それにしても何か美味しいものはあるのだろうか・・・」

マリー 「食べ物のことばっかり(笑)。そう来ると思ってちゃんとリサーチ済みだよ。エッヘン♪雛めぐり期間中はあちこちの飲食店で特別メニューが用意されているよ。例えば・・・・。あ、そろそろ仕事に行かなくちゃ!話の続きはまた今度ね~バイバイ」

槻丸  「あ~あ。行っちゃった。楽しみは後にとっておこう。拙者も本日はおさらばじゃ」

<ふたりの物語はつづきます・・・>